これで合格!中学受験

中学受験は人生の分岐点

公立中学校に進学しないという選択肢

中学受験しようと思うのは、恐らく小学校の高学年ではないでしょうか。どちらかと言えば、最初は親御さんの方が意欲的ということも少なくないかもしれません。ご家庭やお子様自身の発育状況もあると思いますが、早熟な子どもでない限り、学区内にある公立中学校へ義務的に進学しようと考えるのが普通だと思います。
しかし、中学受験を受けることはある意味では義務教育から逸れたと考えることもできます。これは、少し早い選択と言えそうです。小学校高学年であれば、小学校受験や幼稚園受験とは違い、ある程度自主的に物事を考えることができるからです。
一般的な中学校の場合、小学校からそのまま進級した生徒が集まります。他の小学校からも進級して生徒が集まるので、大体2つか3つの小学校の生徒が集まって1つの中学校が形成されます。

周囲の環境変化もストレスを与える

一方、中学受験によって入学する学校はどうでしょうか。中学受験によって入学する場合、いわゆる公立中学校のそれとは大きく異なります。市内全域、場合によっては市外からも生徒が入学してくるケースがあります。
つまり、まったく知らない生徒が大半を占めます。恐らく、小学校の同級生は数名程度、1人も同級生がいないところからスタートする可能性も十分に考えられると思います。つまり、人間関係もまったくゼロのところからスタートしなければなりませんし、何かと不安に感じることでしょう。
したがって、中学受験に合格しても入学後の環境変化があることは理解しておく必要があります。普通の生徒が高校生で経験するであろう進路選択や環境の変化を、中学進学の際に迫られているのです。

中学進学は不安要素を補って余りある魅力もある

しかし、中学受験によって進学するという選択肢は非常に有意義なものだと言えます。その理由は、進路選択が早い分のアドバンテージを享受できる点にあります。
たとえば、基本的には高校受験の必要がない為、3年後に進学の選択を迫られずに済みます。また、その後に控えている大学受験においても、エスカレーター式に進学できるケースがありますから、ある意味では勉強に専念しなくても良いと言えるかもしれません。もちろん、学生生活の中では学業に専念できる環境が形成されていますから、自然と学ぶ環境もできているわけです。
このように、中学受験による進学にはそれ相応の魅力があります。もちろん、学力試験をパスしなければなりませんから、その為には学習塾や家庭教師を利用するという選択肢が必要でしょう。

中学受験に関するおすすめサイト

中学受験 http://www.chugakujuken.com/
中学受験 個別指導塾 http://www.chugakujuken.com/juku/
中学受験 家庭教師 http://www.chugakujuken.com/kateikyoushi/
中学受験 塾 http://www.chugakujuken.jp/
家事代行 http://h-s.search-staff.com/
中学受験 http://www.chugakujuken.me/
家事代行 http://www.kajidaiko.info/